2006年03月04日

王の男

もうすぐアカデミー賞授賞式ですね。
私の一押しは「ブロークバック・マウンテン」
アン・リー監督に是非オスカーを!

ところで、お隣の韓国で「王の男」が物凄くヒットしています。

王の男.JPG

はい…兄さんの「野獣」を蹴散らした映画です(汗)

「ブロークバック」ほどではないようだが、実はこの「王の男」…王から寵愛を受ける男の話なのである(キャー)。

おまけに
posted by なりっち at 23:47| ソウル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

今さら、カンフー・ハッスル

鑑賞後すぐUPしたかったのにうちのホストはメンテ中。
やや感動も薄れ気味バッド(下向き矢印)普通の映画はそうでしょうが、この「カンフーハッスル」そんなことはないのです。
う〜む、よかった!
風邪ひきで映画館で見れなかったのが悔やまれます。
香港系ベタな笑い好きな私のツボにピッタリはまりました。
シンチー上手い!
切ない胸キュンの初恋の話、「ウエストサイドストーリー」を思わせるミュージカル仕立ての展開、香港のお家芸カンフーアクションまで、見事に網羅されています。
ボッコボコにされた相手に「弟子になるか?」とたずねるとこなんて、後光がさして見えました。
まさにマスターオブカンフーですね。
韓国映画の復讐劇もいいですが、後味のよい気楽に見れる香港映画もオススメです。




posted by なりっち at 19:27| ソウル | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

美しき野獣

野獣サンウ.JPG

監督・脚本:キム・ソンス、出演:クォン・サンウ、ユ・ジテ、2005年韓国。

「私は、スターよりも性格俳優になろうと決めた時点から、役柄は慎重に選んでいます」と語るユ・ジテが選んだこの脚本。
そして、映画会社に監督がシナリオを持ち込んだ日に、即出演を決めたサンウ兄さん。
両役者が惹かれるように、非常によく出来た脚本である。
監督も脚本と同じキム・ソンス。
兄さん好きの私ですが、これは贔屓目抜きで合格点の映画に仕上がっています。


ネタばれなので注意!
posted by なりっち at 20:42| ソウル | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

野獣前夜祭♪

いよいよトリノ開幕ですな。
私は、トリノより断然「美しき野獣」が楽しみ♪

甘えん坊.JPG

サンウ兄さんとジテの愛の物語(勝手に話つくるなって)。

「コンセプトオブ野獣」も、買ったものの封も切らずに我慢したもんね。
見ちゃうとネタばれするらしいから…。


アクションノワールは大好きでいっぱい見てるけど、出来はどうかな?
贔屓目ではみませんからね、覚悟しいや〜。
posted by なりっち at 20:56| ソウル 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

いいセンいってるよ

近所のレンタル屋さんが今日は100円!とのチラシが入っていたので、休みのダンナに借りてくるように指令(やさしくお願い)を出しました。

指令.JPG

頼んだものはコレ

「マルチュク青春通り」サンウ兄さんもの(今週は私、ひとり兄さん祭りですから)
「バッド・エデュケーション」ガエル君もの(うひひ、やった!ダンナは内容をぜんぜん知らないはず…)
「英語完全征服」(英語がね、いつまでたっても上手くなんないんだよ)

まだまだあるよ
posted by なりっち at 19:46| ソウル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

ゴールデン・グローブ賞

昨日は節分。
巻き寿司を南南東を向きまるかぶりしたり、豆まきで妙に盛り上がった「てなもんや家族」。
じいさん、ダンナを中心におもいっきり豆をぶつけ、スッキリした私(すまん)。

ところで、豆まきの真っ只中BSでやってたゴールデン・グローブ賞。
賞レース予想も好きですが、その人となりが出るスピーチは、興味深いものです。
見逃しましたが、エマやジーナのスピーチもよかったそうですね。

続きを読む
posted by なりっち at 18:14| ソウル | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

BROKEBACK MOUNTAIN

アン・リー監督の「BROKEBACK MOUNTAIN」がゴールデン・グローブ賞4冠。
20年の愛を貫くゲイのお話らしい。
子供をもうけながらもゲイであるという設定に、本国では倫理に反すると上映禁止運動も出たとか。
日本には、こういう隠れゲイの方多いと思いますけどね。
私、すんなり見に行けますもん。

続きを読む
posted by なりっち at 22:04| ソウル | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

野獣プレミア試写会

今月末、私は東京にいくつもりで浮かれておりました。
2500円で兄さんとジテが見れる。しかも映画つき映画
試写会済んだら、東京見物るんるんと着ていく服まで決めていたのに。

行きたいな.JPG

続きを読む
posted by なりっち at 20:02| ソウル 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

プライドと偏見

プライドと偏見.jpg
監督:ジョー・ライト、出演:キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド 2005年英国
 
今年、初鑑賞映画。
ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化。
このところ、韓国語や広東語の映画だらけだったので、キングスイングリッシュがやけに美しく感じた私である(笑)
なんとゴールデングローブに作品と主演女優でノミネートされているらしい。
確かに田園風景は美しく、人物描写もうまい。


続きはネタばれあり。
posted by なりっち at 15:39| ソウル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

今年映画館で見た映画〜第1位〜

モーターサイクル・ダイアリーズ

今年最初に見た映画がコレ。
ランキングにすると、なんとなく後半見たのが印象深かったりして上位にくるのだけれど、追随許さぬ1位です。
人生の折り返し地点を過ぎた私は、死ぬまでにもう一度見たい映画の一本に決めました。




posted by なりっち at 20:15| ソウル | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

今年映画館で見た映画〜第2位〜

親切なクムジャさん

クムジャさん.JPG

脱帽です、このセンス。
ちょっとキル・ビル入ってるけど。
原作本も読みたいな。でも年明け早々これを読むのはキツイかもね(笑)。



posted by なりっち at 22:33| ソウル | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

今年映画館で見た映画〜第3位〜

私の頭の中の消しゴム

この映画を素直に推すのがためらわれる、いつまでも反抗期(偏屈者)の私です。
人前で泣くのはキライ…。
しかし、泣きながら見てしまいました。
小梅太夫よろしく「チクショー」と心の中で叫びながら。

posted by なりっち at 15:42| ソウル ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

今年映画館で見た映画〜第4位〜

マルチュク青春通り

この映画は、兄さんステキハートたち(複数ハート)ってな映画じゃないです。
兄さんは、青春の青臭くかっこ悪いところ、イタイところを実に上手く演じています。
70年代に青春をおくった皆さんに是非ご覧頂きたい映画です。

026.jpg

女の子に好きと言い出せず、プレーボーイの親友に持ってかれた兄さん。
posted by なりっち at 14:32| ソウル 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

今年映画館で見た映画〜第5位〜

頭文字D

香港明星の役者魂を見せてくれた痛快青春映画。
サントラもドライブにこれまたサイコーです。

posted by なりっち at 17:40| ソウル | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

今年映画館で見た映画〜第6位から10位まで〜

12月半ばでおよそ20本位見たかなぁ映画
今から見るとしても、おそらく「SAYURI」くらいだし…と2005年を振り返って見ました。
第6位から10位まで甲乙つけがたし…なのでアイウエオ順で発表。

う〜んと.JPG

「インファナル・アフェアV」

大好きな香港明星勢揃い。
三部作の中で、私はUが一番好きです。あ!トニー出てないけど(汗)


「バッドマン・ビギンズ」

映画見た!って思わせるスケールのデカイ映画。時期が時期で、列車衝突場面が後味悪し。


「春の雪」

いいんですよ、でもね、でもね、私の思い入れが強すぎて…。


「バンジージャンプする」

教員免許持ってる兄さんで撮ってくれたら、もっとうれしい(小声)


「ひとまず走れ!」

スカッと青春モノ。私、泣きの映画より楽しい映画が好きです。


それにしてもアジア指数高すぎるぜ!(笑)
posted by なりっち at 18:34| ソウル | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

アヤシゲなクムジャさん「親切なクムジャさん」を観る

いつものごとく、レイトショーを観ようと自転車で出かけた。
寒さよけの為、ヒッピー風の(死語?)帽子をかぶっていたら「アヤシゲなクムジャさん」と旦那からあだ名をつけられた(ちっ)。前置きはさておき…。

正しいクムジャさん.JPG

出演:イ・ヨンエ、チェ・ミンスク、ユ・ジテ(!)監督:パク・チャヌク、2005年韓国。

NHKチャングムのイ・ヨンエに惹かれて行った韓流おばちゃんは、きっと行ったことを後悔するはず…。
ネタばれあり
posted by なりっち at 01:55| ソウル 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

私の頭の中の消しゴム

消しゴム.JPG

出演:チョン・ウソン、ソン・イェジン、監督:イ・ジュハン、2004年韓国。

「ラブ・ストーリー」の頃ソン・イェジンは、かわいい子だなと思っていましたが、それだけのお嬢さんではありませんでした。
「四月の雪」は見てませんが、この映画を見てかなりの実力の持ち主と見ました。

続きを読む
posted by なりっち at 00:00| ソウル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

春の雪

wallpaper003_l.jpg

監督:行定 勲。出演:妻夫木 聡、竹内 結子。2005年 日本。
三島由紀夫最高傑作「豊穣の海」の第一巻「春の雪」の映画化。
キャスト、スタッフに異論なし!おまけに撮影は台湾のリー・ピンピン。「花様年華」を撮ったカメラマンといえばわかるだろう。

続きを読む
posted by なりっち at 15:59| ソウル 🌁| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

ドット・ジ・アイ

dotthei01_1280.jpg

2003年、英・スペイン合作。出演:ガエル・ガルシア・ベルナル。
ガエル君目当てで見たら「キサス・キサス・キサス」がのっけから流れてビックリ。
「花様年華」ファンは、わかるよね?
もっとも、こっちではドリス・デイが「パハップス・パハップス・パハップス」と甘く歌っていたが。
結末は絶対話さないで!と書いてあってけど、なるほど〜〜そう来たか!とうなってしまった。
映画好きの人にはたまらないだろうな。
題名はかけてあるんだけど、イマイチ日本語訳がかみ合わないのは、私だけ?

posted by なりっち at 18:39| ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

マルチュク青春通り

023.jpg

監督:ユ・ハ、出演:クォン・サンウ、ハン・ガイン、2004年韓国。
韓国で「ブラザーフッド」に次ぐ年間興行成績2位をたたき出した青春映画。
「君のために、強くなる」とキャッチフレーズが書いてあるが、あまり関係ない…。
韓国映画とは、本来こんな男くさい映画ではないだろうか。
婦女子の皆さんは、甘いだけのサンウ兄さんを期待していくとしっぺ返しにあいます。




続きはネタばれあり
posted by なりっち at 22:57| ソウル | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。