2006年07月06日

水泳大会にて

今日は、水泳大会でした。

水泳.JPG
特訓中の兄さん(注:ドラマでね)

ビート板使っての15Mから、50Mのクロール、平泳ぎまで、能力に合わせ子供が出場します。
大人の世界が富裕層と貧困層に二極化しているように、子供の世界もはっきりと二極化しているようです。
運動している子としていない子、勉強する子としない子…。

勉強はさておいて、この水泳大会。
泳げない子はかわいそう…。
親の責任じゃないか、とも思うのです。

カッコよくて頭もいいA君が、ビート板で泳ぐ。
そんなの見た日にゃ、100年の恋もさめてしまいます。

うちの小僧たちは5歳から習い始めて、プールの底の輪っかを取りにいくまでに半年、もぐるまでに3万(怒)も費やしたようなヤツですが、今では500Mは軽く泳げるようになりました。

公文式じゃありませんが「水泳やらせてよかった」と、大会の度に心の底から安堵するわけです。

カッコいい男に育てるのは大変ですね。
万が一いい男に育っても、イケイケのおネエさんにヒョイと持っていかれるんでしょうけど。


posted by なりっち at 21:14| ソウル ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 息子関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。